ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

なぜiPodだけがmp3オーディオで成功したのか

2008-01-07 (Mon) 02:10
ipodc.jpg


iPodが誕生した2001年、見込み顧客の頭の中にはmp3オーディオプレーヤーを知っている人はわずかであり、知っていても自分には関係がないと思う人が大半であった。当時のmp3プレーヤーはアジアメーカーを代表とする、多機能を売りにするものばかりでそれが当然であると誰もが思っていた。

そこで流星のように、蹴散らして売れていったのがiPodである。何が差別化であったのか、他と何が違うのか、他よりもいいところは何か。iPodが提供したのは「シンプル」である。多機能はオーディオプレーヤーの中、iPodは単機能であった。音楽を聴くことができるだけであった。競合ブランドと機能的に違うベネフィットは、iPodを買って、PCにつないで、CDを読み込ませて、iPodに音楽を入れるという一連の作業を、超簡素化に成功したことにある。その方法はiTunesという統合音楽ソフトウェアを利用することであった。アップル社はユーザーインターフェイスにおいて定評のあるMacOSを製造していたことも強みになった。

しかしながら、iPodのTVCMやパッケージには、その機能的ベネフィットをほぼ書くことはなかった。その代わり何が書かれていたのか。書かれていないのである。TVCMではシルエットにあわせて音楽を楽しむ様子と「GoodbyeMD」としか表されていない。どこにもiPodは「mp3オーディオプレーヤーの中で一番簡単です」とは言っていないのである。

言わないことがiPodの「シンプル」を伝えるパワーとなった。商品特性としてiPodは、ステンレスとコーティングプラスチック仕上げ、カラーリングは白と黒のみ。機能性としては画面の下にホイールがありそれだけで操作することができる。ロゴも、フォントも、直売店舗のアップルストアの内装、ウェブサイトに至るまですべて極限まで「シンプル」である。

このようにiPodの「シンプル」というブランド価値ひとつだけを徹底して、ブランドタッチポイントにすえていったことが、iPodの今日における強大なブランドを作り上げたのである。

作った商品のことをたくさんの人に知ってもらいたい。CMに効果的にベネフィットを伝えきりたい。「iPodは他より簡単です」と言いたい。iPodブランドを用いてオーディオ統合ブランドにしたい。消費者のためを思って色は10種類にしたい。サイズが変わらないならラジオ機能も内蔵したい。値段は競合ブランドを意識してもう少し安めに設定したい。

この誘惑をすべて断ち切ることができたからこそ、iPodはiPodたりえたのである。また、消費者のために~という前置きは気をつける必要がある。なんとなく正しい気がするのである。何が本質であるかを厳しく追究し、極限までそぎ落とし、一点に力を込める姿勢が重要なのである。
デル株式会社
スポンサーサイト
★Marketing★←オススメ | comments(2) | trackback(2) |

ブランディングにおけるPR企画

2007-02-10 (Sat) 02:41
とある元大手ゲームメーカーブランドマネジャーさんとのメールでのやりとりの中の話。

私「ブランドの意志を社員・社外の人に伝えることで、よりよいブランドを創り上げ、社会をより良くして行きたいと考えています」

相手「ブランディングにPRは不可欠ですが、PRビジネスにブランディングビジネスが不可欠なわけではない。~~悩みでも何でも、何かありましたら気軽に声をかけて下さい」

と言われました。

私は、PRビジネスにブランディングビジネスは、本来必要不可欠であるべきだと思う。

確かに、今まで大手新聞社の所長さん、ベンチャー企業の社長さん、大手清涼飲料水メーカーの会長さん、大手PR会社OB、などなど、人生の先輩にいろいろ話を聞いてきましたが、PRビジネスはパブ屋だと定義している人もやはり多いのも事実。

しかしながら、ブランディングにPRが必要なのもまた事実。その理由のひとつは、PRの誠実さ。その根底にあるのは、ブランドとは企業と顧客の信頼関係の上にのみ成り立つから。

常に、パブ屋と定義している人さえも巻き込んで、本当に価値のある、腹に落ちた施策を実現するよう努力して行きたい。


っという、ひさびさに真面目な日記なのでした。

ちなみに会社が最近YOUTUBEをはじめました!
http://www.youtube.com/profile?user=biljp
という雰囲気の会社です☆ デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(0) | trackback(0) |

所有欲充足サービス と 人を感じるインターフェイス

2006-04-14 (Fri) 03:39
所有欲充足サービスとは、仮想空間上にて
所有欲を充足させるサービスのこと。

ビルコレはもちろん、近い考え方をしているものがある。

「WEB本棚ブクログ」
webhon.jpg

ブクログのわさっとしたかんじが結構好き。
つかったことないけど。

おもしろさは、このわさっとした陳列のかんじだと思う。
無印良品の店舗よりも、ドンキホーテの店舗。圧縮陳列。

あともうひとつ。
「おいでよ どうぶつの森」
ki_doubutu05.jpg

やってみたいと思ってるゲーム。

このゲームのキモは『箱庭感』
たとえば自分の家を徹底的にカスタマイズできる
机を配置したり、色を変えることが出来たり。

雑然とした人の空間に上がりこむ。
その空気感のなかに、その人を感じる。
その人のこだわりを感じる。
きちんと整理整頓されてる部屋って
人のニオイしないじゃん。

ビルコレも他人からみえたマイページをもっとカスタマイズ出きるようになればなーって思う。例えば色は緑だけじゃなくて、ピンクも選べるとか。

もっといえば、どうぶつの森みたいに、マイページを部屋のCGにしちゃうとか。そしてマイ部屋に持ってるソファとか、CDラックとか本とか好きな位置に置ける。そんで本棚の近くに歩いていったら、置いてある本が見えてくる。DVDデッキの脇にはDVDが落ちてたり。

その人を感じるインターフェイスは何か?
それは完成ではなく「未完成」ではないだろうか。

関連:未完成の美学 デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(0) | trackback(0) |

PRと納得感とブランディング

2006-03-14 (Tue) 23:13
コミュニケーション×ブランディングの視点から
広告とPRの違いを考える。
2book20.jpg

コミュニケーション能力とは友達とくっちゃべることではない。相手が結果オーライだったと思わせることができる能力である。相手と話した結果、相手が理由はどうあれ「しかし、良かった。」 という納得感を持ってもらえるように努める力のことだと思う。

納得感を持ってもらうようにする方法は、聞く姿勢を持って、相手をしゃべらせること。なぜなら人が納得するしくみとは、自分で考えた、少なくとも自分が関わったという感覚を必要とするためだからである。他人がそこで干渉しすぎると、自分の考えではないことを植え付けられている気がしてくる。

北風と太陽の話と同じ。

北風が旅人に直接強く吹けば吹くほど逆効果。
旅人はコートを更に強く握り締める。

太陽は旅人を直接照らすわけではない。
ただ空気の温度を上げるだけだ。
旅人は自分でコートを脱ぎたい衝動に駆られる。

納得感を持ってもらうには、自分の意識を持って、自分の意志決定で、他人に干渉されている気がしないで、行動を起こさせるしくみを間接的につくることである。

納得感…これってなんかマーケにも似たような考えあるよね。そう、ブランド。ブランドとは牛の焼印であるBURNEDからきている識別などがもともとの意味。納得感のないブランドなんて意味がある?つまりブランドとは、これは納得感のあるものです、という刻印ですと約束していることである。

最近よく言われている、ブランディングという言葉ではどうだろうか?ブランドを育成するにはどうしたらいい?そう。旅人(消費者)に納得感を持ってもらえばいいね。

納得感を持ってもらうには、どうする?そう、太陽の戦略。消費者に直接働きかけるのではなく、まず消費者がいる環境つまり、社会に対して働きかけることが有効になる。

ここで広告とPRという手法から考えてみる。

広告は北風である。
広告はまず消費者に直接訴えかける。安いよ!いいよ!お得だよ!と広告をしている。まさに押しつけである。土足マーケティングとも呼ばれている。広告だってわかっている広告が毎日毎日CMを聞かされても、コートは脱がない。むしろどんどんコートを強く握り締めることだろう。広告でコートを脱がす事は出来ない。

PRは太陽である。
PRではまず社会環境に訴えかける。そして、社会環境を感じた消費者が”自分で考えて”行動を起こす。人間は社会の環境に順応しようとする。社会の環境はすでにPRによってコントロールされている。そのコントロールされた環境に順応するとどうなるか。PRはコートを脱がす事が出来る。しかも自分で考えているので、納得感が高い。消費者は、自分の意志決定でこの行動を起こしている。と認識している。

ここで、大概の消費者はただ納得する。しかし疑心暗鬼な一部の消費者はコントロールされている!と思うかもしれない、しかし巧妙に社会を動かすような感動を呼ぶPRはその一部に対しても、こんな感想をもたらすのではないだろうか?「もしかして操られているかも………しかし、良かった。」と。

良かったと思わせるしくみ、消費者に意志決定を促すしくみをつくるのがPRだと思います。納得感の醸成つまりPRこそがブランドを創造できるのだと思います。

ブランドは広告でつくれない 広告vsPR
アル・ライズ ローラ・ライズ 共同PR株式会社

ブランドは広告でつくれない 広告vsPR
ブランディング22の法則 インターネット・ブランディング11の法則 ニューポジショニングの法則―勝つブランド負けるブランド 売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則 実践マニュアル 広報担当の仕事 すぐ役立つ100のテクニック
by G-Tools





デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(0) | trackback(0) |

マス広告からコミュニティ広告へ

2006-02-18 (Sat) 01:19
bunka_koukoku.png
最近マスメディアの広告効果が下がっているというデータをよく目にする。その解決として、広告効果を上げるためにはクロスメディア的にあらゆる生活のシーンで広告を感じる機会を作ることが必要と提言されている。

また、社会が求めるものがマス文化(大衆・全体)からコミュニティ文化(知り合いだけ)に移行しているのではないかと思う。最近の自己中心主義なども、日本全体が高度に分業をして発展してきたということの反発だと思う。自己の尊厳を守るためには自己を中心に置いたものとして捉えなければならないということである。別段、ここには良いも悪いも無い。

閑話休題。マスメディアとは何だったのか。マスメディア広告は、誰もが同じ考えをして、誰もが同じ行動様式をとる時代には圧倒的な効果があった。国民全体に向けて共通認識を醸成することができた。

例えば、ウィキペディアによれば
ビデオリサーチ以前も含めた最高視聴率は1955年5月30日、ボクシング世界フライ級選手権・白井義男対パスカル・ペレスのリターン・マッチで記録した96.1%(電通調べ)

とある。2006年現在テレビ番組で96%の視聴率はあり得ないだろう。その当時は、小学生も老人もボクシングの話題を持つことが出来た。国民全体が同じ共通認識を持っていた。この時期はマス広告は最大に有効であった。

今、共通認識を作ることは非常に難しくなってきているのではないか。ライフスタイルが多様化しているからだ。これは共通認識の幅が狭くなっているだけではない。むしろ『共通認識の求められる幅が狭く深くなった』のではないかと思う。これがコミュニティ文化である。それはmixi・GREEを初めとするSNSの台頭から伺う事が出来る。

SNSとは、他人の日記を強制的に表示させるしくみがある。そこでコミュニティ間において共通の認識が発生する。そして自分もまた価値観の近いコミュニティの他人に共通認識を発生させる。この繰り返しにより、そのコミュニティ同士での連帯感は深く醸成されていく。
mixi_g.jpg
(mixiGraphより作成)

このように『共通認識の求められる幅が狭く深くなった』現在においては、マス広告ではなく、そのコミュニティがもとめるターゲットを絞った『深い広告』つまりコミュニティ広告が有効である。

具体的にインターネット広告の例を出すと、mixiニュース・mixiのバナーを多少パーソナライズドすることが良いと思う。AとBのコミュ参加している人に対してはこのニュース・この広告が受け入れやすいだろう、などである。このような個人に対して広告を変えるというシステムはすでにGoogleメール(Gmail)におけるバナー広告にて実現されている(個人の情報を検閲しているという批判もあるが)し実現可能である。

リアル広告ではどうか。日経新聞を読んでいるコミュニティなどは強い連帯感が有ると思う。そこは日経新聞を取っているニジネス意識の高い人々しかいないコミュニティ。ここには愛の流刑地という渡辺淳一の連載が話題にあがる。「ビジネスはもちろん重要だけど、この様な連載もあえて認める俺ってどうよ」みたいな意識。その連載の横の広告枠に「夜会の誘い:一夜だけのロマン」など、コミュニティをくすぐるような広告を打つことが考えられる。もちろんその広告は、会社役員同士の話のタネになり、「今日は、あえて夜会とやらに行ってみるか」などの話が出る。その話のタネがタネを呼ぶという2次的波及効果を狙ったものである。

広告とは技術の進歩(RFIDやweb2.0など)により最終的には個人にダイレクトに向かうだろう。超個人文化時代である。好きな音楽だけを聴いて、好きなテレビ番組を好きな時間に見て、好きなことだけしかしない。ここまではならないかもしれないが、この時代にこそ、共通認識を生み出すことが必要である。『モノの価値は自分が決めるのではなく、自分を取り巻く他人が決める』からである。共通認識がないということはそのモノに価値を見出しているのは自分だけということになってしまう。

つまり、社会がマス文化からコミュニティ文化に移り変わりつつあるように、マス広告からコミュニティ広告へ移行していくことが必要である。 デル株式会社

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

★Marketing★←オススメ | comments(4) | trackback(0) |

MARY QUANT×ブランド

2006-01-28 (Sat) 22:22
marikualogo.jpg

先日、mixiのコミュニティでこんなところを見てました。
「mixiで使える絵文字♡」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=275305

絵文字をいろいろみてたら↓が。
MARY QUANTのロゴに似てるなあと。
mariwsss.jpg

で、、MARY QUANTっていままで書いてきたのですが、
どう読むのか、どうカタカナ表記するのかイマイチわからなかったわけです。
マリークワントなのか、マリークアントなのか、もしくは別の何かなのか。

Googleサジェストで「まりーく」まで打ちこんでみると・・・

marikua.jpg


へえ、マリークヮント派って多いんだね。
確かにヮのほうがブランディーなイメージがあるかも。
でも日本語でヮを表記はしないから、誰かがヮを流行らせてるのか?
メーカーがブランド確立の為に「マリークヮント」を推進してるのか?

MARY QUANT JAPAN公式によると・・・マリークヮント!

といった具合に、やはりヮを推進しているのはメーカーでした。

メーカーのブランド構築においては、表記・発音において消費者の喚起されるイメージまでも管理するという姿勢はやはり必要のようでした。

ex)
ルイヴィトンとルイビトン
Gacktとガクト

・ネーミングについては以前の記事も参考になります。
一分でできるインターネット検定試験~ネット時代のネーミングとは~
デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(4) | trackback(0) |

未完成の美学

2006-01-25 (Wed) 23:50
haruka.jpg

まずこちらのサイトをご覧下さい。
OTSUKA ADVIEW SITE大塚製薬ポカリスウェットのCM。綾瀬はるかがミスチルの「未来」を口ずさむ。
生まれたての僕らの前に…♪

この曲は以前同ポカリスウェットのCMでミスチルが歌ってた曲。そしてかなりヒットしたので、サビだけは知ってるという人も多いはず。

ここがこのCMを良く見せている鍵。一般的にこの曲は
生まれたての僕らの前にはただ
までがサビの切りの良い部分であるのに対し、今回の綾瀬はるかは「はただ」を口ずさまないってこと。




意図的にその部分を入れずに制作していると思う。はっきり言えばここで終わると心地が悪い。すると、CMではそこは歌われていないのに、「はただ」を自分で勝手に脳内補完してしまう。聞きなれたメロディを再現しようとする。

そしてこのCMに音は少なく、生活音が流れる。その上に自分で補完した部分のメロディをのせる。この余白があるおかげで、CMの中に自分という存在を重ねる事が出きるようになる。

この余白に自分を登場させることになった視聴者は、自分なりのストーリーを描き出すことができる。この場合はそして、自然とこのCMに好感を覚えることになる。この商品を買う私はきっと特別な存在であると認識させる事ができる。

参考資料
・auとdocomoの絵文字
444.jpg

・FF11とFF5
333.jpg


余白を意図的に挿入したモノを人が見たり、聞いたりしたとき、
人はそれぞれ自由なストーリーを持つことができる。
その瞬間から、以前のモノにはない価値が付与される。

啓蒙された未完成は完成を超える。 デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(0) | trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。