ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

マス広告からコミュニティ広告へ

2006-02-18 (Sat) 01:19
bunka_koukoku.png
最近マスメディアの広告効果が下がっているというデータをよく目にする。その解決として、広告効果を上げるためにはクロスメディア的にあらゆる生活のシーンで広告を感じる機会を作ることが必要と提言されている。

また、社会が求めるものがマス文化(大衆・全体)からコミュニティ文化(知り合いだけ)に移行しているのではないかと思う。最近の自己中心主義なども、日本全体が高度に分業をして発展してきたということの反発だと思う。自己の尊厳を守るためには自己を中心に置いたものとして捉えなければならないということである。別段、ここには良いも悪いも無い。

閑話休題。マスメディアとは何だったのか。マスメディア広告は、誰もが同じ考えをして、誰もが同じ行動様式をとる時代には圧倒的な効果があった。国民全体に向けて共通認識を醸成することができた。

例えば、ウィキペディアによれば
ビデオリサーチ以前も含めた最高視聴率は1955年5月30日、ボクシング世界フライ級選手権・白井義男対パスカル・ペレスのリターン・マッチで記録した96.1%(電通調べ)

とある。2006年現在テレビ番組で96%の視聴率はあり得ないだろう。その当時は、小学生も老人もボクシングの話題を持つことが出来た。国民全体が同じ共通認識を持っていた。この時期はマス広告は最大に有効であった。

今、共通認識を作ることは非常に難しくなってきているのではないか。ライフスタイルが多様化しているからだ。これは共通認識の幅が狭くなっているだけではない。むしろ『共通認識の求められる幅が狭く深くなった』のではないかと思う。これがコミュニティ文化である。それはmixi・GREEを初めとするSNSの台頭から伺う事が出来る。

SNSとは、他人の日記を強制的に表示させるしくみがある。そこでコミュニティ間において共通の認識が発生する。そして自分もまた価値観の近いコミュニティの他人に共通認識を発生させる。この繰り返しにより、そのコミュニティ同士での連帯感は深く醸成されていく。
mixi_g.jpg
(mixiGraphより作成)

このように『共通認識の求められる幅が狭く深くなった』現在においては、マス広告ではなく、そのコミュニティがもとめるターゲットを絞った『深い広告』つまりコミュニティ広告が有効である。

具体的にインターネット広告の例を出すと、mixiニュース・mixiのバナーを多少パーソナライズドすることが良いと思う。AとBのコミュ参加している人に対してはこのニュース・この広告が受け入れやすいだろう、などである。このような個人に対して広告を変えるというシステムはすでにGoogleメール(Gmail)におけるバナー広告にて実現されている(個人の情報を検閲しているという批判もあるが)し実現可能である。

リアル広告ではどうか。日経新聞を読んでいるコミュニティなどは強い連帯感が有ると思う。そこは日経新聞を取っているニジネス意識の高い人々しかいないコミュニティ。ここには愛の流刑地という渡辺淳一の連載が話題にあがる。「ビジネスはもちろん重要だけど、この様な連載もあえて認める俺ってどうよ」みたいな意識。その連載の横の広告枠に「夜会の誘い:一夜だけのロマン」など、コミュニティをくすぐるような広告を打つことが考えられる。もちろんその広告は、会社役員同士の話のタネになり、「今日は、あえて夜会とやらに行ってみるか」などの話が出る。その話のタネがタネを呼ぶという2次的波及効果を狙ったものである。

広告とは技術の進歩(RFIDやweb2.0など)により最終的には個人にダイレクトに向かうだろう。超個人文化時代である。好きな音楽だけを聴いて、好きなテレビ番組を好きな時間に見て、好きなことだけしかしない。ここまではならないかもしれないが、この時代にこそ、共通認識を生み出すことが必要である。『モノの価値は自分が決めるのではなく、自分を取り巻く他人が決める』からである。共通認識がないということはそのモノに価値を見出しているのは自分だけということになってしまう。

つまり、社会がマス文化からコミュニティ文化に移り変わりつつあるように、マス広告からコミュニティ広告へ移行していくことが必要である。 デル株式会社
スポンサーサイト

テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

★Marketing★←オススメ | comments(4) | trackback(0) |

盛り下がっているようです。

2006-02-17 (Fri) 10:50
YN3.png
2月17日10:45現在、メダル個。


デル株式会社
Photos | comments(3) | trackback(0) |

人生哲学について。

2006-02-07 (Tue) 15:59
「プロアクティブ精神を持って自己中心主義を極めたい。」
sn_an1zz.gif
プロアクティブとは 自分から何かの環境に身を投じて、その環境を自分にとってやりやすい環境に働きかけ、変えていくという発想。だったと思う。

普通に単なる自己中ではないの?って思った人、近いけど順番が違う。プロアクティブは自己中心主義とは違う概念。

今まで他人を気にしなかった人にとっては、回りの環境が読めないから環境を変えられない、この考えは無意味。

今まで他人を気にしすぎてた人にとっては、回りの環境のことばかり気にしてたから環境・空気が読める。というか読み過ぎてた。だからその人たちには自己中を後押しするいい言葉だと思う。そーいう人に自己中になっていいよといったってたかがしれてる。そんなに自己中になれない。

このタイプの自己中を「啓発された自己中心主義」と名付けた。これは自己中を極めると、やってることは利他主義と同じになるという意味。自分の利益を最大限に大きくするためには、他人の力を自分の力として流用することが重要になる。他人の力を流用するためには他人とコミュニケーションを図っていくことになる。うまいコミュニケーションとは相手の考える事を先回りして行動をすることである。つまり、自己中心主義を極めると、相手を思いやる必然性が生まれる。この瞬間、自己中心主義は利他主義に昇華する。

つまりプロアクティブになれる資格があるのは今まで他人を気にしすぎてた人。しかもその人たちなら自己中的に考えても自動的に利他主義になる。結果としてみんなが幸せになる。自己中から始まったって、結果として同じ幸せをみんなに与えられるならばそれでいいじゃないか、ということです。

いままで頭の中で考えてきたマイルールを文章化してみた。やっとつながってきた。自分を納得させるのは自分しかいない。


---追記---
鴎庵に取り上げられました。
・コミュニケーションに望む姿勢 デル株式会社
Notes | comments(5) | trackback(0) |

アート・オブ・肉

2006-02-03 (Fri) 23:54
日本一美味いと評判の焼肉『北京』に行ってきました!
・・・うまい・でかい・・安い・・ただ肉。
肉のスタンダードが変わりました。
SA330089111111.jpg
この煌きを見れば明か。言葉は要らない。
北京は掟があります。
・注文は最初の一回のみ
追加注文不可。店員のサービスはない。
・キャベツ山盛りの罠
キャベツが皿一杯に山盛りででてくる。そこに焼肉のたれをぶっかけて、それを小皿でキャベツを押しつぶします!放置。このキャベツがフルーティーで、肉の旨みを引き立てる。
!注意!肉は一皿ずつ平らげてから次の肉に移ること。怒られるそうです。
というか、同じ肉を食うことが一番美味い食べ方だそうで。
なわけで、初めての人は誰か行った事ある人と行く事をオススメします!

参考までに今日の注文リスト
上ロース塩焼1500
タン焼並700
カルビクッパ740
カルビ焼並700
上ロース(ハラミ)塩焼1500
ライス200×3
キャベツ300×3
腹いっぱい食べて、一人2400円くらい☆
SA33006687.jpg
上ロース塩焼がべらぼうにうまい。しかもサイズは小ステーキ!分厚い。上ロース(ハラミ)塩焼は異論はあるとおもうけど普通。名前がにているけど、「上ロース塩焼」をチョイスすべし!!クッパはでか過ぎる。辛くて良いスープ変わりに。カルビはご飯が進むし、タンは仙台並みにクオリティー高い。sA330090.2JPG.jpg
一流を知ることが一流になる第一歩といいますが、これこそが一流の焼肉。
肉ってこんなに美味いものだったのか。

場所は、川崎市、JR南武線平間駅から5分くらい。
MAP
絶対また行こっと!  デル株式会社
Gourmet | comments(2) | trackback(0) |

インフラと安全維持コスト

2006-02-01 (Wed) 22:24
2006020122241366.jpg

20:36関東地方の地震の影響で東京駅に閉じ込められました。。

写真は品川で京急に乗り換えのときに撮影。

線路点検してるらしい。東京駅で振り替えやってますったって、東海道 横須賀 京浜東北が動かないんだからどっちにしろ南下できません(>_<)

まーでも福知山線事故の時、あれほどJRの安全管理が叩かれまくった事実を忘れることはできません。

安全管理には金も時間もかかります。一方、電車利用者はなるべく安くなるべく速くを望みます。このような場合、インフラである鉄道は電車利用者の安全を第一に考える必要があります。

一般企業のように利益だけを考えることはできません。国から補助金を出してもらっているインフラ業だからです。

というわけで、しょーがないから点検の仕事頑張ってね、
とすぐに思いたいものです。 デル株式会社
Notes | comments(2) | trackback(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。