ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

ヘルニア×東洋医学

2005-10-16 (Sun) 23:50
愛犬の難病を治す犬の鍼灸―西洋医学と東洋医学を併用して健康を取り戻した浦野動物病院の患者たちの記録
浦野 菊男

4906397441
ツボ指圧(マッサージ)でわんこ元気! 犬・猫に効く指圧と漢方薬―ふれるだけでペットが喜び、元気になる 漢方で犬・猫を元気にする わんちゃんが喜ぶマッサージ&アロマテラピー―1日20分愛犬の極楽タイム 犬と猫のための自然療法
by G-Tools



うちの家族のラルフ(ミニチュアダックスフント・オス)が、ちょうど一週間前に腰を悪くしたのか、歩けなくなってしまいました。

前回、もう一匹のローレン(ミニチュアダックスフント・メス)がヘルニアになった時、普通の動物病院にいきました。そこの医師のもって一週間ですね。という診断に納得がいかなかったので、東洋医学をペットに応用している先生を探しました。

その先生は浦野動物病院の浦野先生です。詳しくはアマゾンのリンクをご覧下さい。
浦野動物病院
東京都品川区東五反田5丁目21-13-100
電話03-3443-6766
ファックス03-3443-1616
午前中のみしか、診療していないので、午前中に電話してください。


結局、先生の針による治療でローレンのヘルニアは治りました。

今回、ラルフは、諸事情にて、他の東洋医学を行っている山手動物病院に通っています。ラルフも健康に向かっています。というか一週間で、普通に歩いています。

山手動物病院
http://y-a-h.net/
電話番号 045-664-6229


西洋医学は病気を治療する
東洋医学は病人を治療する

といわれます。東洋医学がこれからの医療でスタンダードになり、
西洋医学は補足として利用されるべきでしょう。

追伸
ヘルニアにステロイド注射を打つということは、東洋医学では絶対に避けるべきことです。飼い主が良く考えた上で了承してください。 デル株式会社

テーマ : 犬の健康/病気
ジャンル : ペット

Diary | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。