ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

051126 inner-nikkeibp

2005-11-28 (Mon) 08:34
SA330075.jpg


「インナー大会は終わりました。しかし今日で終わりではありません。残念ですがインナー班はこれからも続きます!!」
―――新宿、居酒屋。インナー班リーダーnskは、続くことが嫌だなんてメンバーがいない事を確信しつつ、乾杯の音頭をとった。

11月26日、インナー大会日経BP部門開催。結果、賞は獲れなかった。完璧なロジック、完全なプレゼン。メンバー誰もが、「今回のプレゼンは未だかつて無い出来だ」そう肌で感じていた。おそらく聴衆も。

大会の求める趣旨とは異なっていた、規格外だったということだろう。しかし、そんなことはあまり重要なことじゃない。

今回のインナー大会までの過程。重要なのはみんなで一つのことをやり遂げたという事。これだけは絶対だった。

証拠に、プレゼン中のみんなの顔つきは最高だった。緊張よりも嬉しさがにじみ出るような。一人の発表者なのに、全員が同時に発表しているような。

最強の仲間、一生のインナー班にしていきたい。




追記【威風堂々】
051219_0245~01.jpg

インナー大会。それは全てだった。形の賞はない。

でも最高だ。

賞はひとりひとりの心に燦然と輝いている。

約6ヶ月間。特にラスト2ヶ月、6人は超高回転し続けた。

テーマ設定に3ヶ月は費やしたという、無駄だけど無駄じゃない議会方針を皆が認めてくれたり。たとえば俺の脳波がどーとか、虹色のしくみとか、心理学の話をみたいな、余談を延々と説明したり。余談に誰かがツッこみ入れて話が広がり出したり。意味の無いことなんて無いみたい。

YYの家で朝まで企画シートまとめたり、その日のTYはガリバー掛け持ち、KTは修羅場、その日のSAは36時間ぶっつづけで起きつづけたり。SAとYYとTYと俺だけで満喫で、企画シートとスライドの最後のところでもめたこともあったよな。提出時間3分前、23:57くらいにギリギリ提出。いつもギリギリだったな。発表者決めるのも前日とかさ。

なぜかビルディに行くとすっげーアイデアまとまったりとか。
全く効率が悪いような方法(常に山手線状態)で議論とか。
俺とかTYはいっつも遅刻ばっかりだったし、SAの遅刻はおそらく一回だけだし。
先生には昼からビールとおでんと定食をおごってもらったり。
Sはいつもバカだったしさ。

ひとりひとり得意なこととか不得意なこととかあったりして、それを認め合えたりできたと思う。どの瞬間も思い出すだけで、涙が出てくるのはなぜだろう。

レインボーってのはさ、色が混ざるんじゃないんだ。一人一人の色が少しずつ重なって、虹色になる。ってTYが説明して、チーム名きめたりしたよな。

ありがとう、みんな。
壇上にいたRAINBOW KIDS、すげぇイイ顔だったぜ。


【脱・空気】
余剰から生まれた新たなビジネスの可能性
★RAINBOW KIDS★
異なる色をもった者同士が集まり、
そして、ひとつの虹になった・・・!! デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(2) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

何かをやり遂げることってすばらしいことだね。
それが1人より、みんなでやったものだと感動も大きい。
結果は納得いくものではなかっただろうけど、すごくいいものになったみたいだね。
みんなのイキイキした顔が思い浮かぶよ。
お疲れ様!

ありがとう!
そして、次のステップに進むぜ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。