ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

情報集積の利益

2006-04-13 (Thu) 12:25
いつかの日経ビジネスにもとりあげられましたが、GoogleとAmazonが融合し、Googlezon(グーグルゾン)になり、webが社会を大きく激変させるという動画を紹介します。
googlezon.jpg

「EPIC 2014」日本語字幕付
http://probe.jp/EPIC2014/ols-master.html
Googleが詳細な個人情報を手に入れることで、消費者行動に準じたサービスを統合的に展開する。そしてその個人が写真・動画をウェブに提供することで、その対価を得る事ができる社会を構築する。

この個人が集まっている事だからこそできるサービス。個人間の連携におけるサービス。バケツリレーみたいなサービス。これがwebで可能になる。そしてそのバケツリレー型サービスが世界を面白くする。そんな可能性を感じました。

※基本的には個人情報やネット情報がグレーに使われるっていう動画なんだけど。実際すでにスパイ衛星エシュロンによって、すでにアングロサクソンに日本の情報は収集されているし、MYSPACEやmixiなどのSNSは個人情報の宝庫でもあるのは事実。

例えば、「世界は六次で繋がる」という考え方。友達の友達を介して、面識のない人に手紙を届けるには、平均して6回でよい。といもの。ここでキーになるこどばは、「疎遠な友達」。この疎遠な友達こそが開いたネットワークをつくれる。親友は閉じたネットワークになってしまう。

この疎遠な友達を繋ぐことができるツールがSNSをはじめとするwebサービスだろう。しかし、まだSNSしかない。この疎遠な友達を繋ぐツールはこれから生み出されるだろうし、ここに新たなビジネスチャンスがあるだろう。

あとこのwebの情報とリアルな情報が一部に集積される、という概念は、渡辺浩弐『プラトニックチェーン』に類似しているかもしれない。


スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法ダンカン ワッツ Duncan J. Watts 辻 竜平

阪急コミュニケーションズ 2004-10
売り上げランキング : 8,635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く
複雑な世界、単純な法則 ネットワーク科学の最前線
複雑ネットワークの科学
SYNC
ネットワーク分析―何が行為を決定するか



プラトニックチェーン〈01〉プラトニックチェーン〈01〉
渡辺 浩弐

エンターブレイン 2003-01
売り上げランキング : 44,021

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

デル株式会社
PC+WEB | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。