ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

NHK『3億人の欲望をつかめ』雑記

2005-03-08 (Tue) 02:09
NHKの『3億人の欲望をつかめ』を見た。コンビニ好徳VSファミリーマートである。高所得層の子どもばかりが集まる小学校の前に二つの店が並んで営業していた。ひとつは既存で上海企業の好徳、もうひとつは新参で外資企業であるファミリーマート。ファミリーマートは店の内装、人の流れ、サービスを徹底し、小学校の生徒・若者客をほぼ奪っていった。好徳はそれに対し、店の後背にあるビルを住宅地だと捉え、地元の顧客を獲得しようと米やたまごを店の入り口に配置した。ファミリーマートのマーケティング結果によると、その対策はまったく逆であった、としていた。そのビルの80%はオフィスのテナントだと調査しており、ファミリーマートではその会社員に対し弁当の提供の強化をしたのである。勝敗は明らかで、好徳は撤退することを余儀なくされた。この差はファミマの柔軟性と、ファミマの戦略がファッションというブランドを若者に提示できたことの差であったと思う。中国人民だって挨拶をしてくれて、お釣りを投げない店に行きたいと考えるのも当然だろう。
先月、北京にいってきたのだけど、いやーそれにしても中国でまともなサービスを受けたことはなかったなあ。北京の銀座である王府井の最新ショッピングモールのトイレにさえも紙がないなんて・・・タクシーは常にぼったくろうとしてるし、空は排気のせいか晴天でもガスみたいに曇っているし、海賊版以外のCDは売ってなかったし。。北京オリンピックなんて開催できるの?? デル株式会社
★Marketing★←オススメ | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。