ミュージックとテクノロジーのpopthebeat

»最近の記事
»最近のコメント
»最近のトラックバック
»月別アーカイブ
»カテゴリー
»ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デル株式会社
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

Musical Batonストッパー!

2005-06-25 (Sat) 00:20
鴎庵から回ってきました!バトン。

1:Total volume of music on my computer:(自分のPCに入ってる音楽ファイルの容量)
11GBくらい。今使ってる、panasonicのmp3cdプレイヤー音はまあまあイイ(前のsonyは酷かった)んだけど、液晶が無い!そろそろHDプレイヤーの時期かなあ~。東芝だっけ?やたら小さいHDが開発されたとかいうニュースあったし。それまちかな。

2:Song playing right now:(今聴いてる曲)
携帯用の自作着うた作ってて、「星うらないキラキラ」。
昔やたら良く聴いた。実はこの曲なくして今の自分はないのかもだなあ!
「おうし座はかに座あたりの子とうまくいくかもしれない」そうですw
ストリングスがhiphopに通じるとは弟の弁。
グッときます。是非聞いて欲しい。今聞いてもいい。

3:The last CD I bought:(最も最近買ったCD)
okgo「okgo」。レコファンの中古コーナーに1000円で偶然あったのを購入。LastFMで聞いて気になっていたとこに。ハッピーなギターチューン!GAPとかiPodのCMに使われそうな!?

4:Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me:(よく聞く,または自分にとって大きな意味のある5曲は?)

1「so many people」POTSHOT ver.
歌詞が痛烈。社会と個人。激烈な変化を求めることへの警鐘。かりそめの悦びの尊さ。そう。結論は最初から出ている。
『善く生きる』
エレファントカシマシのカヴァーアルバム「花男」に収録。

2「駆け抜けて性春」銀杏BOYZ ver.
心に刺さる、脳を通らずに刺さる。理由なんて後付けに過ぎない。いつになってもこの躍動感を忘れたくはない。

3「ひとつだけ」JUDY AND MARY
一曲の中に世界がある。リズム。抑揚。
虚像としての女性と現実。私はあなたの思っているような人とは違うの。さよなら。ありがとう。
そんな感じがします。

4「ショート・ホープ」中村一義
誰のために。何のために。そんな理由つけて吐く前に、自分は?
「つまらねえ」そんな気分に飲まれちゃて、つまんねえ野郎になんないで。

5Jungle Smileの曲全て
このアーティストは痛すぎるくらいに本気で生きている。本気で唄っている。強く刺さることが多すぎるので手軽に聞けない、このエントリを書くとき聞こうか迷ったぐらい。このアーティストの曲聴いて何も感じることのない人はいないと思う。極限まで身を削って全ての曲作りをしてたのだと思う。一作目からラジオで聞いていて知っていた。あのときは小6で「風をおこそう」を聴きながら天体観測をしたなあ。ラストアルバムの題名は「ジャンスマポップ」。Popに生きるために曲を綴っていたのかもしれない。僕もPopTheBeatで限界を超えれればと思う。

一つだけ紹介。この曲はジャンスマ後期の作品。

「抱きしめたい」
ねぇ、みんな同じだけ孤独で同じように怯えているのなら、なにも怖がることないんだね。私あなた抱きしめるよ。

あとFMヨコハマで番組持ってたとき(97年前半)に、手紙書いて取り上げられました!テーマはあなたにとっての冒険(ロマン)とは?でした。僕は「挑戦。これからいろいろやってみたいから」と書いたはずです。確か。中学校受験中くらいだったか。

5このバトンを五人に回せ
なんだか難しいので、とりあえず止めます。 デル株式会社
Music | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。